日本プロ野球・オリックスのコリンズ監督辞任

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
コリンズ監督が所属していた、オリックス・バファローズの本拠地、大阪ドーム(資料、GFDL

【2008年5月22日】

時事通信によると、日本プロ野球オリックス・バファローズテリー・コリンズ監督が、5月21日に神戸スカイマーク球場であった阪神タイガース戦終了後、会見し、「自分の中で限界も見えて、野球をするための情熱がなくなった」としてシーズン途中での監督辞任を明らかにした。今後は大石大二郎ヘッドコーチが「監督代行」に就任する。

また毎日新聞によると、これに合わせて投手・打者のそれぞれのチーフコーチを担当していたマイク・ブラウンジョン・ディーバスの両氏も退団することが決まった。オリックスのシーズン中の監督交代は2003年途中の石毛宏典氏以来の事で、この年以後の6年間で6回監督が交代したこととなる。

毎日新聞によると、コリンズ氏はアメリカの大リーグの複数のチームで指揮をとった後、2006年中村勝広元監督(現・球団本部長)から後継を受ける形でオリックス球団として2人目の外国人監督として就任。3年契約を結んでいたが、2007年度はリーグ戦3年ぶりの最下位。2008年も4月11日から5月20日に脱するまで最下位に低迷する状況が続いていた。

読売新聞によると、コリンズ氏は5月16日に中村本部長に辞任の意向を伝えた。21日の試合終了後の会見でコリンズ氏は「監督は強い情熱を持っていないといけないが、メラメラ燃えるものがなくなった」とコメントしている。

出典[編集]