日本の財政赤字、2006年3月末で827兆円

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
財務省(資料)

【2006年6月23日】

財務省は23日、2006年3月末(2005年度末)時点における日本国債及び借入金並びに政府保証債務現在高を発表した。

この中で、総額は昨年度末より46兆円(5.88%)増え、827兆円となったことが明らかとなった。この総額827兆円は、2005年度の日本の実質国内総生産(GDP)(543兆円)の約1.5倍に達する額。827兆円の内訳の大半は国債で、10年以上の長期国債が半数を占める。また、昨年度末に比べて増えた46兆円のうち、約95%に当たる44兆円が国債の増加によるものだった。

ただ毎日新聞によると、税収の増加などにより増加額自体は昨年度末の78兆円から大幅に減少した。

読売新聞によれば、総額は過去最高額を更新し、国民1人あたりになおすと借金は約648万円になる。(1年前に比べ36万円の増)

朝日新聞によると、税収の減少と歳出の増加を受けて日本の財政赤字は年々増加してきている。

資料[編集]

国債および借入金の推移[編集]

各年の3月末の残高(億円)、財務省による。
 国債   借入金  政府短期証券 政府保証債務
1999年までの政府保証債務残高は不明

出典[編集]