日本の調査中止と韓国の地形名提案延期で合意―竹島周辺の海洋調査問題

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
竹島(獨島)の位置(印)

【2006年4月23日】

日本大韓民国が領有権を主張している竹島(日本名、韓国名:獨島)周辺の海洋調査を日本が計画し、韓国が反発していた問題で22日、日本が調査を中止することと、韓国が竹島周辺の海底地形名の提案を延期することで相互に合意した。

読売新聞や朝鮮日報によると、22日ソウルで行われた日韓外務次官協議では、日本側の「韓国が今年6月に行われる国際会議での竹島周辺の海底地形名提案を中止すれば、海洋調査は見送る」との主張と、韓国側の「日本の調査中止が先に行われるべき」との主張が対立していた。

また今回の合意では、5月にも両国が排他的経済水域の境界に関する局長級協議が行われることも決まった。

ただ、中央日報や毎日新聞によると今回の合意は、日本の海洋調査も韓国の地形名提案も6月ごろまでは見送り、その後は実行可能という意味もあり、一時的な解決であり両国の緊張状態を回避するための合意だったとする見方もある。

出典[編集]