日本の民放ラジオ第1声・宇井さんが火災で焼死

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2008年3月22日】

Wikipedia
ウィキペディア宇井昇さんに関する記事があります。

朝日新聞によると、東京都江戸川区で3月18日夜、アパート火災があり、ここの1階に住んでいた宇井昇さん(84歳)が全身やけどで死亡した。宇井さんは中部日本放送 (CBC) の元アナウンサーだった。

東京新聞によると、宇井さんは大蔵省の職員から公募アナウンサーとしてCBCへ入社した。1951年9月1日、CBCが日本初の民放ラジオ局として開局した際に、宇井さんは「皆さんおはようございます。中部日本放送は放送を開始しました」という旨の放送開始アナウンスを発した。その後、この第1声で使われたマイクはCBCの本社ロビー(名古屋市)に展示され、宇井さんのこのアナウンスも聞けるようになっている。

晩年、宇井さんは江戸川区のアパートに1人で住んでいたが、取り壊されることが決まっていて宇井さん以外は住んでおらず、この3月で宇井さんも立ち退くことになっていた。

宇井さんは1954年に中日が初優勝した日本シリーズの中継の解説も担当した。中日スポーツによると、その1954年の日本一を決めた中日の投手・杉下茂氏(82歳)は「まさか」と絶句した後、「NHKを含め日本の四天王アナウンサーの一人で、僕(杉下氏)の全盛期を一番よく知っている」とインタビューに応えた。

出典[編集]

外部リンク[編集]