日本で1964年以来のFIFA総会の招致実現へ

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2015年5月22日】

日本サッカー協会が、協会創立100周年事業の一環として、FIFA・国際サッカー連盟の総会を招致する計画が明らかになった[1]。もし、実現するとすれば、東京オリンピックが行われた1964年以来となる[1]

この、FIFA総会はFIFAワールドカップの開催地決定を行うもので、もし、日本がこのFIFA総会の招致を目指すとしたら、2017年か2019年から2021年の間ということになる[1]。なお、過去に、FIFA総会がアジア地域で開催されたのは1964年の東京と、2002年のソウル、それに2008年のオーストラリアの3つの都市だけだ[2]

日本サッカー協会では2050年までのFIFAワールドカップ開催地招致を目標としていて、日本でFIFA総会を行うことによって、2020年のFIFAフットサルワールドカップ、2023年のFIFA女子ワールドカップの招致にも追い風に働くことになる[3]

情報源[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 『日本でFIFA総会!21年までに招致目指す』スポーツ報知、2015年5月4日。
  2. 『W杯開催地決定など一大イベント、FIFA総会を東京招致へ』スポーツニッポン(スポニチアネックス)、2015年5月4日。
  3. 『日本協会が“動く”!W杯単独開催目指しFIFA総会東京招致計画』サンケイスポーツ(SANSPO.COM)、2015年5月4日。