コンテンツにスキップ

新興宗教「紀元会」で信者死亡事件、女性21人逮捕

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)

【2007年10月16日】 朝日新聞によると、長野県小諸(こもろ)市にある宗教法人紀元会」で信者の女性が集団暴行で死亡したとされる事件があり、同県警捜査本部は10月15日、同市内在住の無職・窪田康子(49歳)ら女性信者21人の容疑者を傷害致死で逮捕した。21人の女性信者は殆どが地元に在住(他に茨城県新潟県在住者もいた)し、年齢も未成年者4人を含めた15歳から80歳までいた。

朝日によると、警察の調べでは信者らは9月24日深夜から25日未明にかけて同市内の教団施設で行われた会合の席で同市在住の寿司店経営者の奥野元子さん(当時63歳)を殴ったり蹴ったりする行為をして死なせた。この当時、現場には女性を中心として数十人の信者がいたが、そのうちの21人が直接暴力に関与していたという。中国新聞によると、窪田容疑者は自らを「教団創始者の娘」と称していた。

中国新聞によると、同会は1970年に「神道の信奉者を育成する」ことを目的に設立されたという。今回の事件現場である同会本部は広大な敷地だが高い塀と門で閉ざされており、地域との接触もしていなかった。地元住民から「普段何をしているかわからない」と不安を募らせていたという。

また日刊スポーツによると、紀元会ではあらゆる病気が治るとした「紀元水」を会員や信者らに分け与えたり、また入会勧誘に使っていたこともわかった。創設者の住んでいたとされる自宅近郊に住む60歳の男性は日刊スポーツのインタビューで「30年ほど前に主婦向けの雑誌で病気が治る水として紹介されていた」と証言し、「信者が水を容器に入れていたのを見た」ことも明かしている。また北海道大学大学院・桜井義秀教授は同紙のインタビューで「新興宗教で病気が治るという触れ込みでなどを売るのは普通だが、病院に行かなくていいと謳うのであれば異常な集団」と語っている。

出典[編集]