新「しらせ」と「きりしま」 横浜港大さん橋で一般公開

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
新「しらせ」
横浜港大さん橋で一般公開中の「きりしま」

【2009年7月26日】

秋田魁新報読売新聞によると、南極観測船・新「しらせ」とイージス艦・「きりしま」の2隻が7月25日午前10時(UTC+9、以下同様)から、神奈川県横浜市中区大さん橋ふ頭で一般公開された[1][2]

この一般公開は、横浜港開港150周年記念事業であるイベント「海フェスタよこはま」の一環として行われ、2隻は前日の24日より横浜港に初入港していた[2]

当日は2時間待ちの行列ができるほどの混雑となり[2]、見学者がピークを迎えた午後1時頃には「しらせ」の甲板が埋め尽くされるほどの盛況となった[1]

2隻は26日も一般公開を行った後、26日夕方に横浜港を出港する[2]

情報源[編集]

  1. 1.0 1.1 さきがけonTheWeb 『新「しらせ」、横浜港で一般公開 ファンどっと』秋田魁新報社、2009年7月25日。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 YOMIURI ONLINE 『「しらせ」「きりしま」今日まで一般公開』読売新聞、2009年7月26日。