幹細胞からヒトの腎臓を再生、ラットの体内で成功

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年12月12日】 毎日新聞が12月10日付で報じたところによると、東京慈恵会医科大学自治医科大学からなる研究チームが、ラットの胎児にヒトの骨髄液由来の幹細胞を移植し、腎臓の一部を作ることに成功した。作られたのは糸球体尿細管であり、これを他のラットに移植したところ、血管が入り込んで通常のラットの腎臓に比べ10分の1の大きさまで成長したという。

胎児は免疫系が未発達で拒絶反応が少なく、急速な臓器再生能力があることを利用したもの。ブタなど、より大きな動物を使って腎臓の初期段階まで成長させる計画もあるという。ウイルス感染の防止など課題もあるが、実用化されればドナー不足に悩む臓器移植に頼らずにすむとされる。

出典[編集]