巨人軍・原辰徳新監督就任を発表

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2005年10月6日】

報道機関各社の10月5日の報道によると、読売ジャイアンツは同日、堀内恒夫監督の2005年度限りでの退任と、野球評論家・原辰徳氏の2006年度からの新監督就任を発表した。

朝日新聞の記事によると、堀内監督は2004年度から3年契約を結んで監督に就任していたが、2005年度シーズンは開幕から一度も勝率5割を超えることが出来ず、チームも5位に低迷した責任を取って辞意を出していたが、巨人軍はシーズン終盤の段階から後任探しを進めていたことから事実上の解任となる。堀内監督は2004年度も3位でリーグ戦を終えているため、結果的に2リーグ制になって以降の歴代の監督7人で唯一優勝経験を持たない監督となった。

後任に就任する原氏は前回、2002年から2003年の2シーズンに渡って指揮を取り、初年度の2002年度には日本選手権シリーズ西武を4連勝で下し日本一に輝くが、2003年度はコーチ人事などを巡るフロントとの対立から辞任しており、2年ぶりの現場復帰となる。

日刊スポーツによると、「巨人軍に対する愛情や情熱、責任の重さを背負い、最高のチームをつくりたい」と意欲を語っている。また巨人軍の監督返り咲きは長嶋茂雄氏以来4人目のことである。

出典[編集]