巨人軍・ゴンザレス選手、禁止薬物使用の疑いで1年間出場停止 球団は解雇方針

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2008年5月27日】

ゴンザレス選手が所属している読売巨人軍の本拠地・東京ドーム(資料)

日経新聞によると、プロ野球巨人軍ルイス・ゴンザレス選手(28歳)が、ドーピング違反を犯したためNPB日本プロ野球組織は5月26日から1年間の出場停止とする処分を決めた。

ゴンザレス選手は4月30日に開催された広島カープ戦の試合後検査を受けて、検査機関からアンフェタミン、クロベンゾレックス、パラヒドロキシアンフェタミンの以上3種類の禁止薬物の陽性反応を示していたとする報告書が5月20日にNPBに提出された。この報告を受けて5月24日にNPBの長谷川一雄事務局長とゴンザレス選手が面談し、ゴンザレス選手はアメリカの大リーグ時代の2003年と2004年に興奮剤を使っていた事を認めながら、今回の問題については全面的に否定していた。

日経新聞によると、通常アンフェタミンなどの覚せい作用がある物質が検出された場合は警察に連絡する事になっており、今回の問題でも通報は行われていたが、警察側は処分保留を言われていた。

毎日新聞によると、日本プロ野球選手によるドーピング違反での出場停止者は、禁止薬物の使用を隠ぺいするとされる物質が含有された発毛剤(日経新聞によるといわゆる「飲む発毛剤」)を服用していたとして2007年8月に処分を受けていた福岡ソフトバンクホークスガトームソン投手に次いで2人目である。

日経新聞によると、巨人軍の清武英利代表はゴンザレス選手を解雇する方針を明らかにした。

出典[編集]

外部リンク[編集]