山口で女子高専生殺害事件

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年8月30日】 西日本新聞によると、山口県周南市徳山工業高等専門学校5年生の女子学生・中谷歩さん(20歳)が8月28日、同校の研究室で殺害された。司法解剖した結果死因は頚部圧迫の窒息死だった。

周南警察署は8月29日、現場などの状況などから、顔見知りによる犯行とみて、同市内在住の同級生の男子学生(19歳)の逮捕状を取って行方を追っている。読売新聞によると、男子学生はバイクを使って逃走しているとみられている。

殺害された中谷さんは、事件当日の28日、卒業研究のために同級生の女子学生と一緒に登校。昼食を一緒に取る約束をしていたが、研究室の外から声を掛けても反応がなく、携帯電話を掛けても通じなかった。

その後、館内放送を使って捜索し、午後3時頃、中谷さんが首にひものような物を巻き付けられて死んでいるのを、研究室で職員が発見した。発見当時、研究室は鍵が閉められており、密室状態だった。

出典[編集]