小2女児、プールの吸水口に吸い込まれ死亡 ふじみ野市

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
大井プールの航空写真、1989年度。出典:国土画像情報(カラー空中写真)国土交通省

【2006年7月31日】

共同通信、朝日新聞、時事通信の報道によると、31日午後1時50分ごろ、埼玉県の所沢市内からふじみ野市大井武蔵野の市営ふじみ野市大井プール(北緯35度50分28.1秒東経139度29分25.7秒(日本測地系)、北緯35度50分39.7秒東経139度29分14.1秒(世界測地系))へ遊びに来ていた所沢市小手指小学校2年生の戸丸瑛梨香さんが、流水プールの排水溝の吸水口に吸い込まれたと119番通報があり、行方不明となった。日経新聞と朝日、産経によると、戸丸さんは、午後7時45分に救助にあたった警察官などに救出され、病院に運ばれたが、午後8時過ぎに死亡が確認された。

救助活動は、消防団員らがポンプ車でプールの水を抜き、吸水管を壊し、さらにプールサイドを重機で掘るなどしておこなわれた。戸丸さんは吸水口から5メートルほどの吸水口と吸水管の結合部の近くで発見された。

朝日と共同によると、事故が起きた排水溝では、事故直前に格子状のアルミ製のふた(柵)2枚のうち1枚が外れており、プールの監視員2人(いずれもアルバイト)から注意があった。この監視員らは、事故を目撃していたという。

朝日、産経によると、戸丸さんは母親、2人の兄、同級生の女児と一緒に来ていた。毎日新聞、朝日によれば、埼玉県警東入間警察署は、業務上過失致死の疑いで柵の外れた原因などを調べ、プールの関係者からも事情を聞く方針。

毎日によると、プールにはポンプが3台設置されていて、1台あたり毎分10トンの水を吸っている。このプールは、そのポンプが水を吸い吐きすることで流れをつくっていた。また、朝日によれば、このプールは1986年7月に開設されたもので、この日は250人余りが訪れていた。

出典[編集]