小泉首相、終戦記念日に靖国神社を参拝

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年8月15日】 15日午前7時45分 (UTC+9) 頃、小泉純一郎首相は東京都九段にある靖国神社を参拝した。現職の首相の終戦記念日の参拝は異例のこと。

朝日新聞によれば、小泉首相は午前7時40分頃、黒色のモーニング姿で靖国神社を訪れ、本殿に上がり一礼する形式で参拝を行ったという。小泉首相はこれまで就任後5回参拝を行っているが、8月15日の参拝は今回が初めて(同紙調べ)。首相は8月15日の参拝を2001年の総裁選の際に公約として掲げており、9月の退陣を前にようやく公約を果たしたことになる。終戦記念日の現職首相による靖国神社参拝は1985年の中曽根康弘元首相以来21年ぶり。

なお今回の参拝後、中国外交部は、A級戦犯が祀られている靖国神社への参拝は被害国人民の感情を著しく傷つけ、中日関係の政治的基礎を破壊することとして強く抗議するという声明文を発表した。 また聯合ニュースによれば韓国政府は「深い失望と憤怒を表明する」との声明を発表、駐韓日本大使を外交通商部に呼び抗議を行った。

資料[編集]

小泉首相の靖国神社参拝(出典)
  • 2001年:8月13日
  • 2002年:4月21日
  • 2003年:1月14日
  • 2004年:1月1日
  • 2005年:10月17日

関連記事[編集]

出典[編集]