小沢一郎・民主党代表が辞表 党側は慰留へ

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2007年11月6日】

東京新聞によると4日午後、小沢一郎民主党代表が党本部で緊急記者会見を行い代表職を辞めることを表明した。

中日新聞・東京新聞によると小沢氏は自民党との連立政権へ向けた政策協議が党委員会で拒否された事に触れ、「政治的混乱が生じた、これは自分が選んだ役員から不信任を受けたに等しい」とし「民主党内外へのけじめとして代表職を辞する」と意見を表明、これを受け民主党執行部は5日に対応を協議した。鳩山由紀夫幹事長らは遺留するとの考えを示したが、小沢氏の意志は固いと見られ辞表を撤回する可能性は低い模様。

中日新聞・朝日新聞によれば小沢氏は2日夜、自民党の福田康夫首相との党首会談で

  1. 自衛隊活動を決議により認められたものへと限定すること
  2. 連立政権が成立すれば新テロ対策特別措置法案の成立にはこだわらない

という2つの約束をしたことを公表し「誠実に対応してもらった首相に対しけじめをつける必要がある」と述べた。

小沢氏は、連立政権への参加は二大政党制や政権交代の目的と矛盾せず、国民との約束が実行可能となりまた政権運営の実績を作ることが出来るため民主党政権実現への早道であるとも主張している。

朝日・日経によれば民主党は5日に役員会で連立を認めないとしながらも小沢氏に対しては遺留を求める方針を決め、6日の役員会でも引き続き慰留に努める方針を表明している。鳩山氏は「続投してくれるものと受け止めている」との認識を示している。ただ、時事通信の報道によれば混乱を招いたことを国民に謝罪すべきとの意見や党内論議を尽くすべきだとの意見も出ている。

なお小沢氏は、辞表した場合でも離党せず次の総選挙に全力投球すると意見を表明したことが朝日新聞の報道で明らかになっている。

出典[編集]