小坂鉄道事故・枕木の腐食が原因

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年2月26日】

秋田放送によると、2004年に秋田県大館市小坂製錬小坂線(小坂鉄道)で起きた脱線事故は、国土交通省航空・鉄道事故調査委員会の調べで、「枕木の腐食が原因」との結果が出た。

この事故は、2004年11月に大館市雪沢地区で濃硫酸を積んだ貨物列車がレールの枕木の腐食によって、脱線したもので、同委員会は「定期交換が不十分で、適切に行っていれば、事故はおきなかった」と見解している。

出典[編集]