富山県警の警部補を殺人・放火容疑で逮捕

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2012年12月23日】

共同通信時事通信によると、富山市内のビル2010年4月(UTC+9)に会社役員・福田三郎さん(当時79歳)夫妻が殺害され、ビル内の自宅が放火された事件で、富山県警12月22日に、殺人現住建造物等放火、及び死体損壊の容疑で、夫妻の知人で同県警警部補・加野猛容疑者(54歳)を逮捕した。

時事通信によると、加野容疑者の逮捕容疑は、2010年4月20日正午頃に、福田さんが所有していたビルの2階にある福田さんの自宅で、福田さんと妻・信子さん(当時75歳)の首を絞めて殺害し、灯油を撒いて部屋に放火し遺体を損壊したというもの。同県警によると、加野容疑者は、放火について「証拠隠滅を図ろうとした」と話している。また、加野容疑者は調べに対し、「私がしたことに間違いない。被害者と家族に申し訳ないと思っている」と供述。

時事通信によると、加野容疑者は、被害者とは長年の知り合いだった模様で、県警は犯行の経緯と動機の解明を進める方針である。

共同通信によると、加野容疑者は、留置管理係長として高岡署に勤務していた9月に、留置場を訪れた男性に対し、男性の知人の暴力団組員を近く逮捕する予定であるとの捜査情報を漏洩するなどしたとして、地方公務員法違反容疑で2度逮捕され、うち1件について起訴されており、現在は休職中。

時事通信によると、事件を受けて同県警の新美恭生本部長は、同県警本部で記者会見を行い、「現職警察官が凶悪な事件を起こしたことは痛恨の極みであり、御遺族には深くお詫び申し上げる」と謝罪した。

情報源[編集]