富士フイルムが富山化学工業を子会社化へ

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2008年2月14日】

読売新聞によると、写真用フィルム大手・富士フイルムホールディングス(富士フイルム)は2月13日開催した取締役会で、医薬品メーカー・富山化学工業(本社・東京都)を株式公開買い付け (TOB) による買収で子会社化を目指す方針を決めた。

それによると、富山化学工業が月末に第3者割り当て増資を300億円実施し、そのうち富士フイルムが198億円、現在の筆頭株主である大正製薬が102億円を引き受け、買収総額は1,300億円程度。TOBの成立を待って、富山化学工業は株式上場廃止となる可能性がある。また富山化学工業に出資している大正製薬の持ち株は売却せず、富士フイルムとの連携により医薬・医療機器の事業を成長戦略の柱にするという。

中日新聞によると、2月13日この3社が会見を行い、富士フイルムの古森重隆社長は「富山化学工業の新薬開発力と富士フイルムの技術を組み合わせて、高い成長が期待できる」と話し、富士フイルムの医薬品事業参画により、医療関連事業の売上高を10年後に1兆円規模を目指すことも明らかにした。

関連ニュース[編集]

出典[編集]