宮里藍選手、米ツアー初優勝

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2009年7月28日】

毎日新聞47NEWS(共同)・朝日新聞によると、全米女子ゴルフツアーに組み込まれているエビアン・マスターズの最終戦が26日UTC+2)、フランス南東部エビアンにあるエビアン・マスターズゴルフクラブで行われ、日本宮里藍選手が米ツアー初優勝を果たした[1][2][3]

この日首位と1打差の4位でスタートした宮里藍選手は、通算14アンダーをマーク。同数で並んだスウェーデンソフィー・グスタフソン選手とのプレーオフ最初のホールでバーディーを奪い、優勝を決めた[1]

宮里藍選手は、米ツアーに本格的に参加してから4年目での初優勝[1][2]。日本人女子選手の米ツアー優勝は、樋口久子岡本綾子小林浩美平瀬真由美福嶋晃子の各選手に次いで6人目で[1]、日本国外で行われたツアーに限定すると平瀬選手を除き5人目であり[3]、24歳での優勝は日本人女子選手として最年少記録となった[2]

情報源[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 毎日jp 『米女子ゴルフ:宮里藍が米ツアー初勝利 プレーオフ制し』毎日新聞社、2009年7月27日。
  2. 2.0 2.1 2.2 共同通信 『宮里藍が米ツアー初優勝 4年目で日本人最年少V』47NEWS、2009年7月27日。
  3. 3.0 3.1 asahi.com 『宮里藍が米ツアー初優勝 プレーオフ制す』朝日新聞社、2009年7月27日。