安倍改造内閣が発足

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
Jump to navigation Jump to search

【2007年8月28日】

27日、安倍改造内閣が皇居での認証式により正式発足したと同日首相官邸は発表した。安倍政権として初の内閣改造となる。

同日の官邸発表の談話によれば、安倍総理は、先の参議院選挙における惨敗を真摯に受け止め、年金記録問題の解決、中央と地方にある格差社会の是正や政治と金の問題などで失墜した信頼への回復などに取り組む考えを示した。

また、同日の総理記者会見では、組閣の人事に対しては政策の実行力に力点を置いたとしており、参議院の与野党逆転など国会の状況にも触れた。このため政治経験や調整能力を持つ与謝野馨氏を官房長官に据え、外務大臣は町村派会長で元外相の町村信孝氏や防衛大臣には閣僚経験が豊富な高村正彦氏など、ベテラン議員や閣僚経験者を起用している。

民間からは元岩手県知事の増田寛也氏が総務大臣となり、地方との格差問題への対応として地方・都市格差是正担当(内閣府特命担当大臣|)を兼任する。また、安倍総理続投を批判していた舛添要一氏は国民への説明能力や医療問題や年金への対応などを期待され、厚生労働大臣への起用となった。

なお、同日には自由民主党役員人事も行われた。自由民主党の発表によれば幹事長麻生太郎氏、政務調査会長石原伸晃氏、総務会長には二階俊博氏が就任している。

出典[編集]