宇宙飛行士・野口さん、宇宙ステーションに長期滞在 2009年末から半年

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
野口氏(2001年撮影。提供:NASA PD)
ソユーズTMA-6(提供:NASA PD)

【2008年11月23日】

毎日新聞と東京放送(TBSテレビ局)によると、NASAアメリカ航空宇宙局は11月21日、日本JAXA宇宙研究開発機構宇宙飛行士野口聡一氏(43歳)が、2009年12月からおよそ6ヶ月間に渡り、ロシア宇宙船ソユーズ」に搭乗・ISS国際宇宙ステーションへ長期滞在する事を発表した。毎日新聞はこれと同時に国際宇宙ステーションの登場人員を2009年5月をメドに3人から倍の6人に増やす計画も明らかにした。

毎日新聞によると、野口氏は国際宇宙ステーションの日本の実験棟である「きぼう」の施設運用を行う。TBSテレビ局によると、日本人飛行士が長期滞在するのは2009年2月から3ヶ月間滞在する若田光一氏(45歳)に次いで2人目の快挙である。また、ソユーズで宇宙に向う日本人は同局の元記者だった秋山豊寛氏以来2人目となる。

出典[編集]