女性ジャーナリスト・山本美香さんがシリア内紛の巻き添えで死ぬ

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2012年8月22日】 日刊スポーツによると、アルジャジーラ中東の衛星放送)が、シリア内戦の戦闘を取材していた日本人女性ジャーナリストがその巻き添えにあい死亡したことを伝えた。この日本人女性の遺体はトルコ南部の病院に搬送され、日本外務省の当局者はこの遺体は山本美香さん(45)であることを確認した。

ロイターが現地で一緒に行動していたジャパンプレスの記者の話として紹介したところによると、山本さんは政府軍による銃撃を受けたとされ、その記者が日本の放送局の電話取材に対しては「迷彩服の集団が前方から来るのが目に入った。政府軍兵士のように見えた。銃を乱射し始めたが、彼らとの距離は20-30mかもっと近かったかもしれない」と話している。今回の1年半近くに及んでいるシリア内戦で日本人がその巻き添えで死亡したのは初めてのことで、藤村修官房長官は「極めて遺憾だ。このような行為を強く非難する」と声明を出した。

時事通信によると、自由シリア軍を構成する部隊のアブ・ラアシド司令官はAFPの取材で「山本さんがアサド政権の部隊に狙われた」としてシリア政府側に銃撃を受けたとの見方を示した。またこれより先にアメリカ政府出資のアラビア語の衛星放送「アルフッラ」は山本さんはアレッポで3人のジャーナリストと自動車に同乗していた時に親アサド大統領派の民兵に攻撃されたと伝えた。この時レバノン人女性記者とアメリカのメディアの男性スタッフ、またトルコ人の記者の3人が行方不明とされていたが、レバノン人記者はこの後シリアから出国、残り2人は親アサド大統領派の「シャビーハ」という民兵組織に拘束・拉致されたという。なお山本さんがこの時に銃撃を受けたかについては不明である。

朝日新聞によると、山本さんは山梨県出身。衛星放送朝日ニュースター記者を経て、アフガニスタンイラク等の紛争地帯を取材。2003年のイラク戦争取材が評価されボーン上田記念賞特別賞受賞。

情報源