女子パシュート決勝はドイツ対日本 0.02秒差でドイツに軍配

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
競技会場のオリンピックオーバル 2008年参考(CC-by-2.0)
最近の記事
解説・資料

【2010年3月1日】

2月27日(UTC-6、日本時間28日)、バンクーバーオリンピックスピードスケート女子パシュートの決勝(ドイツ日本)が行われ、0.02秒の僅差でドイツチームが優勝した。ブルームバーグ、FNN、AFP、日本経済新聞、スポーツ報知などが伝えた。

FNNによると、前半は日本チームがリードしたが、最後の直線でドイツチームが競り勝った。

競技結果[編集]

バンクーバー五輪 女子パシュート(スピードスケート) (オリンピックオーバル
順位 所属国 メンバー タイム
1位 ドイツ シュテファニー・ベッカート、ダニエラ・アンシュッツ、カトリン・マットシェロト 3分2秒82
2位 日本 穂積雅子小平奈緒田畑真紀 3分2秒84
3位 ポーランド カタジナ・バクレダ=クルス、カタジナ・ウォズニアク、エリザ・ズロクトウェスカ 3分3秒73

(順位とメンバーはAFPと朝日新聞、タイムはスポーツ報知と朝日新聞より)

スピードスケート パシュート[編集]

1チーム4人で編成され、3人が滑る団体追い抜き競技。2チームで争い、スタートは半周ずれた位置から同時に行う。1周が400メートルのリンクを男子は8周、女子は6周を走り、相手を追い抜くか最後尾の選手が先にゴールすると勝ちとなる。前回のトリノオリンピックより正式種目となっている。

(スポーツ報知より)

情報源[編集]

情報源の日付はUTC+9