奈良市職員、5年間ほとんど出勤せず給与満額

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
奈良市庁舎(資料)(GFDL)

【2006年10月22日】

奈良市環境清美部の男性職員 (42) が、2001年からの5年9カ月余りで8日しか出勤していないのにも関わらず、給与がほぼ満額支給されていたことが明らかになった。朝日新聞、奈良新聞などが報道した。

奈良新聞によれば、この職員は、部落解放同盟奈良市支部協議会副議長として市役所での交渉に出席していた。また頻繁に市の建設部などに出入りしていた。

ニッカンスポーツによると、市では、同一の病気で休暇は90日間まで認められており、給与もほぼ全額支給される。この職員は、複数の病気が発生・再発したとして、たくみに長期間の休暇を給与を得ながら取っていた。2001年以前のこの職員の勤務状況記録はないという。

出典[編集]