奈良の住宅火災、16歳少年が放火を認め逮捕

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年6月22日】 NHKによると、6月20日に奈良県田原本町で起きた住宅火災で、16歳の高校1年生の少年が放火と殺人の疑いで警察に逮捕された。

読売新聞によると、この火災は6月20日、田原本町に住む医師(47歳)の自宅が全焼し、その焼け跡から医師の妻(当時38歳)と小学校2年生の次男(当時7つ)、並びに保育園児の長女(当時5つ)の家族3人が一酸化炭素中毒が死因の死体で発見された。この当時、長男である少年は行方不明だった。

しかし、NHKと東京放送によると22日朝、京都市内で行方不明だった長男が発見され、警察が事情聴取したところ、放火を認めたため警察が少年を逮捕した。調べに対して、少年は「学校の成績で父親に叱られた」などと動機について供述した。

出典[編集]