大相撲・若麒麟容疑者が引退届け提出

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2009年1月31日】 朝日新聞によると、1月30日(UTC+9 以下同じ)に大麻所持の疑いで逮捕された日本の大相撲力士・若麒麟容疑者(本名・鈴川真一 25歳)の引退届けを師匠である尾車親方日本相撲協会に1月31日提出した。尾車親方は若麒麟容疑者本人から、接見した弁護士を通して引退を申し出たという。協会はこの引退届けを「一時預かり」として、2月2日に開催される協会理事会で協議することになった。

産経新聞によると、尾車親方は会見で「『協会に迷惑をかけた責任をとって引退します』と(若麒麟容疑者)本人が申し出ました。私も師匠として全く同じ思いでした」と今回の引退届けの提出の経緯を説明した。また尾車親方自身の責任についても「理事会にお任せする」と話している。また若麒麟容疑者は弁護士に「せっかく預けてもらった(尾車)親方にご迷惑をかけた。本当にバカなことをした」と謝罪した。

また朝日の別の記事によると、若麒麟容疑者は神奈川県警の調べに対して「大麻は逮捕の前日に初めて吸った」とする供述を行ったことがわかった。吸引の仕方については、葉巻の中心をくりぬき、葉巻の葉っぱに乾燥大麻を混ぜて吸っていたという。若麒麟容疑者とともに逮捕されたミュージシャンの平野力(ひらの・つとむ)容疑者(30歳)とは、「3年ほど前に知り合った」と話し、また平野容疑者も「若麒麟容疑者とは逮捕された六本木の音楽関係会社の事務所で何度か会った」と話していた。

出典[編集]