大手各行が定期金利の引き上げを表明、新生は普通金利

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
三菱東京UFJ銀行(府中支店、資料)

【2006年7月8日】

日本経済新聞、読売新聞によれば、7日、みずほ銀行三菱東京UFJ銀行三井住友銀行住友信託銀行中央三井信託銀行が3ヶ月以上の定期預金金利を引き上げることを発表した。

フジサンケイビジネスアイによれば、もっとも引き上げ幅が大きいのは三菱東京UFJ銀行で、300万円未満の6ヶ月ものスーパー定期の金利を、0.10%引き上げて0.12%とする。他は0.04%から0.08%の引き上げである。新金利が適用されるのは10日から。

また、北海道新聞によれば、北洋銀行札幌銀行も利上げを発表した。日経によれば十六銀行大垣共立銀行百五銀行三重銀行第三銀行も利上げを表明している。

一方、朝日新聞によれば新生銀行は、普通預金の金利を8月1日から最大で0.249%引き上げて0.25%とすることを決定した。新金利は預金残高によって4段階とし、0.25%となるのは1,000万円以上の預金残高の場合。もっとも低い100万円未満の預金残高の場合は0.01%である。

なお、フジサンケイビジネスアイによれば日本銀行によるゼロ金利政策を解除の見込観測から短期金利が上昇しており、これに対応したものだという。

出典[編集]