大和生命が破綻 生命保険会社7年ぶりの倒産

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2008年10月10日】

朝日新聞と中国新聞によると、経営難に陥っていた生命保険会社の大和(やまと)生命保険は10月10日(UTC+9)、東京地裁更生特例法の適用を申請して経営破綻した。

両新聞によると、サブプライムローンの問題や最近の全世界的な株価下落などから有価証券の含み損が拡大。2008年度中間期決算で110億4300万円の当期赤字に転落して、114億9000万円の債務超過となる見込みとなったためである。負債総額は2695億円程度の見込みである。朝日新聞によると、生命保険会社が破綻するのは2001年に破綻した東京生命以来7年ぶり、戦後では1997年の日産生命以後8社目で、更生特例法の申請は4社目となる。また、大和生命は2000年に破綻した大正生命の受け皿会社ともなっていた。

また中国新聞によると今回の金融危機の影響で日本の金融機関が破綻したのは初めてである。

出典[編集]

外部リンク[編集]