大原麗子さんが病死していた

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2009年8月6日】 毎日新聞と読売新聞によると、女優大原麗子さんが病死していたことが8月6日(UTC+9 以下同)、警視庁の調べで明らかになった。62歳。大原さんの親族から「2週間前から連絡が取れなくなった」と警視庁成城警察署に届出て、同日に同署員とともに大原さんの自宅を訪ねたところ死んでいたことが判った。大原さんは自宅2階のベッドで仰向けになって倒れ、そのまま死んでいた。大原さんは病気で死亡したと見られ、少なくとも死亡後から数日が経過しているものと見られている。

毎日と読売によると、大原さんは東京出身。1964年にNHKで放映されたドラマ「幸福試験」でデビュー。1965年に東映の女優となり、映画を中心に活動。その後1971年に渡辺プロに移籍し、以後再びテレビ、映画などで活躍し、「男はつらいよ」のシリーズにおいて2回マドンナ(主演女優)として出演。またNHKの大河ドラマ春日局」では同シリーズ3位の高視聴率をマークし、更にサントリーCM「すこし愛して、ながーく愛して」も流行語になった。

プライベートでは1973年に渡瀬恒彦氏(俳優)、1980年に森進一氏(歌手)と2度の結婚をしたが、いずれも数年後離婚をしている。また1999年には筋肉の動かす神経に障害を起こす「ギランバレー症候群」のため芸能活動を中断していた他、2008年には自宅で右手首を骨折する重傷を負っていた。

情報源[編集]