地熱発電所で水蒸気が噴出 作業員1人死亡1人重傷 - 宮城・鳴子

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2010年10月19日】

10月17日午後3時35分頃(UTC+9)、宮城県大崎市鳴子温泉鬼首(おにこうべ)にある電源開発(Jパワー)鬼首地熱発電所で、地下から水蒸気や土砂が約30mの高さまで爆発的に噴出した[1][2]

同発電所から「けが人が出ている」との110番通報を受けた鳴子署の調べによると[2]、当時現場にいた作業員4人はそれぞれ別の方向へ逃げたが[2]、このうち同市在住の男性作業員(48)が全身に火傷を負う重傷で[1]病院に搬送された[2]。また、秋田県湯沢市在住の男性作業員(63)は逃げた後に連絡がつかず行方不明となったが[1][2]、翌18日の捜索により、現場近くの土砂の中から遺体で発見された[3]。残りの作業員2人は無事であった[1][2]

鳴子署によると、事故現場は発電所の施設から南西に約300m離れた地表[1][2]。10月8日に同地点で水蒸気が20mほどの高さに[注釈 1]噴出したため、11日より重機[注釈 2]を用いて、水蒸気が噴出している穴を石でふさぐ作業を行っていた[1][2]

宮城県警[4]消防の話によると[1]、作業員らが作業を行っていた現場付近は、噴出した大量の土砂により車両や重機が埋まり[1][4]、土砂の厚さが2mにおよぶ場所もあったという[3][4]

高田幸典・発電所所長代理は、「これほど大規模な噴出は初めてのことであり、予見できなかった」と述べた[3]。また電源開発の幹部は18日の会見で、「全国の地熱発電所でも初めての事故であろう」と述べた[4]。同発電所は1975年に操業を開始した[1][2][4]日本国内で4番目に古い地熱発電所で[1]、最大発電出力は15,000kW[2][4]。2008年10月には火山性の硫化水素とみられる有毒ガスが噴出、作業員3人が倒れ病院に搬送される事故が起こっている[1][4]

注釈[編集]

  1. 共同通信より
  2. 共同通信によるとパワーショベル

情報源[編集]

本ニュースは「共同通信」、「朝日新聞」および「毎日新聞」の以下の報道を情報源としている。

  1. 1.00 1.01 1.02 1.03 1.04 1.05 1.06 1.07 1.08 1.09 1.10 47NEWS 『鳴子の地熱発電所で水蒸気噴出 作業員1人不明1人重傷』共同通信社、2010年10月17日。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 2.6 2.7 2.8 2.9 asahi.com 『地熱発電所で水蒸気噴出 作業員1人が全身やけど 宮城』朝日新聞社、2010年10月17日。
  3. 3.0 3.1 3.2 asahi.com 『地熱発電所、事故前に水蒸気急増 不明男性の遺体発見』朝日新聞社、2010年10月18日。
  4. 4.0 4.1 4.2 4.3 4.4 4.5 4.6 毎日jp【須藤唯哉・三村泰揮】 『鬼首地熱発電所の水蒸気噴出:死亡事故 Jパワー「予知できず」 /宮城』毎日新聞社、2010年10月19日。