国際標準化機構がオープンドキュメントを認定

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年5月5日】

オープンソースのオフィスに使われるオープンドキュメントの普及促進団体であるオープドキュメントフォーマットアライアンス (ODFアライランス) によれば、国際標準化機構 (ISO、本部:スイス) は5月3日、オープンドキュメントフォーマット (ODF) を標準規格である「ISO26300」として認定した。

オープンドキュメントはOpenOffice.org 2.0でのファイル形式として採用されている。

オープンドキュメントは、2005年9月に構造化情報標準促進協会 (OASIS) によって国際標準化機構と国際電気標準会議 (IEC) からなる合同技術委員会 (JTC1) に提出され、5月1日に投票が締め切られた。なお、ODFアライアンスは3月にオープドキュメントフォーマットの普及、促進を目的として発足。各機関に働きかけを行ってきた。

出典[編集]