国民新党自見代表、自民党への復党申し入れ 党合併も

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2013年2月23日】

Wikipedia
ウィキペディア自見庄三郎に関する記事があります。

時事ドットコム[1]、毎日新聞[2]及び産経新聞[3]によると、国民新党自見庄三郎代表は2月21日、自民党本部を訪れて河村建夫選対委員長と会い、自民党への復党と国民新党が自民党と合併することを申し入れた。背景には、支持組織だった郵政団体が自民党支持に回帰する見通しとなり、自らが改選を迎える今年の参院選をめぐる情勢が厳しいことがあると見られる。

時事ドットコムの別の記事[4]及び読売新聞[5]によると、国民新党には、自見氏の他に野間健衆院議員浜田和幸参院議員がいるが、両議員は、22日、党本部で自見氏とともに記者会見し、3人揃って行動する意思を示した。

こうした動きに対して、上記読売新聞[5]及び産経新聞の別の記事[6]によると、自民党の石破茂幹事長は22日の記者会見で、「まず国民新党を解党するのが筋」と難色を示している。

自見氏のホームページ[7]及び朝日新聞[8]によると、同氏は、郵政民営化に反対して自民党から離党し、その後、2007年参院選比例代表で国民新党から当選し、民主党政権では郵政改革担当相なども務めた。

上記時事ドットコム[1]及び上記毎日新聞[2]によると、同氏が自民党へ移るには、国民新党を解党する必要がある。

情報源[編集]

  1. 1.0 1.1 時事通信 『国民新・自見氏、復党の意向=自民との合併申し入れ』時事通信社、2013年2月21日。
  2. 2.0 2.1 木下訓明(毎日新聞) 『自民党:国民新党の自見氏が復党要請 河村選対委員長に』毎日新聞社、2013年2月21日。
  3. 産経新聞 『自見氏、自民に泣きつく 復党、合併を打診』産経新聞社、2013年2月21日。
  4. 時事通信 『野間、浜田氏も自民入り希望=下地氏は離党-国民新』時事通信社、2013年2月22日。
  5. 5.0 5.1 読売新聞 『自民合併探る国民新、石破氏「まず解党がスジ」』読売新聞社、2013年2月23日。
  6. 産経新聞 『自見氏の復党打診「違和感覚える」 石破氏、不快感示す』産経新聞社、2013年2月22日。
  7. 自見庄三郎 『プロフィール - 郵政改革担当 内閣府特命担当大臣(金融) 自見庄三郎(じみ庄三郎) 公式サイト』自見庄三郎、2013年2月23日閲覧。
  8. 朝日新聞 『国民新・自見代表、自民との合併と復党申し入れ』朝日新聞社、2013年2月21日。