商船三井のタンカー、接触事故で原油流出

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
Jump to navigation Jump to search

【2006年8月15日】

商船三井は15日、スリランカインドネシアスマトラ島間の公海を航行していた同社保有の原油タンカー「ブライト アルテミス」(シンガポール船籍)が14日に貨物船と接触し、原油4,500トン(推定)を流出させる事故があったことを発表した。

同社によれば、同タンカーはサウジアラビアから原油25万トンを積んで日本に航海中で、14日午後1時(日本時間午後3時、UTC+9)頃、東インド洋(北緯5度46分東経89度04分付近)で火災を起こして救難を求めていた貨物船「アムール」を救助作業を行っていたところ、波浪により同船が同タンカーの右舷尾部に接触、およそ縦1m、横5mの穴が開き、2つのタンクから原油約4,500トンが流出したという。同社は芦田昭充社長を本部長とする対策本部を設置し、対応している。

朝日新聞によれば、1997年に東京湾で起きた日本郵船所有の「ダイヤモンド・グレース」による流出事故(1550kL)を上回り、過去最大規模の流出事故になる可能性が高いという。

日本経済新聞によれば、15日、商船三井の株価(東京証券取引所)は、前日比24円安の808円で取引を終了した。

出典[編集]