史上最小の連星発見、チリで観測

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年8月6日】

読売新聞によると、米科学誌「サイエンス」は、史上最小の連星がチリ・ヨーロッパ南天天文台で発見されたと、4日付で発表した。この連星は、Oph 1622と呼ばれ、太陽の100分の1ほどしか質量がなく、褐色矮星2つで構成されている。地球からの距離は約400光年で、生まれて100万年以下と極めて若い、という特徴を持っている。

出典[編集]