台風15号がフィリピン近海で発生、10日にも沖縄-台湾に接近

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2005年9月8日】

台風第0515号「カヌーン」
(9月8日午前10時15分
=気象庁による)
位置 フィリピンの東
-北緯 15度20分
-東経 132度30分
中心気圧 980hPa
最大風速 30m/s
進行方向 北西
速度 30km/h
暴風域 全域 90km
強風域 全域 330km
上陸 -


気象庁は、7日午前10時25分(日本時間、UTC+9)、北緯14度00分、東経134度25分にあった熱帯低気圧が午前9時に台風第15号になったと発表した。この地点は、フィリピンの東のフィリピン海。

気象庁の予報では、10日にも沖縄本島から台湾に接近する見込み。

台風15号、8日午前8時30分。アメリカ海軍台風情報センターによる

最近の台風関連記事[編集]


出典[編集]