台風14号 九州に上陸するおそれ 鹿児島と宮崎に特別警報

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2022年9月18日】

台風14号の衛星画像 (9月17日9時)

大型で非常に強い台風14号(ナンマドル[1])が北上しており、19日にかけて九州に上陸するおそれがある[2]。台風は18日17時30分頃には鹿児島県指宿市付近を通過した[3]

18日17時現在、台風14号は指宿市付近にあって(中心位置は北緯31度05分・東経130度40分)、時速約20kmで北へ進んでいる[4]。中心気圧は930hPa、中心付近の最大風速は45m/sである[4]

現在、鹿児島県には暴風と波浪、高潮の特別警報が発表されており、宮崎県には大雨の特別警報が発表されている[2]。台風の特別警報が沖縄県以外に発表されたのは初めてである[2]

大規模な災害が発生するおそれが高まっており[2]、気象庁は最大級の警戒を呼びかけている[5]

出典[編集]

  1. 『台風14号(ナンマドル)発生 三連休に西日本など接近のおそれ 警戒を』, ウェザーニュース、2022年9月14日。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 『台風14号 九州にかなり接近 鹿児島県と宮崎県に特別警報』, NHKニュース、2022/09/18。
  3. 『台風14号 鹿児島県指宿市付近を通過』, 日本気象協会、2022/09/18。
  4. 4.0 4.1 『台風14号』, 日本気象協会、2022/09/18。
  5. 『宮崎県に大雨特別警報、最大級の警戒呼びかけ…24時間降水量380ミリ超』, 読売新聞オンライン、2022/09/18。