台風14号、九州南部が暴風域に―24時間で雨量800ミリの予想も

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)

【2005年9月5日】

台風第0514号「ナービー」
(9月5日午後8時45分
=気象庁による)
位置 屋久島の南南西 約130km
-北緯 29度20分
-東経 130度10分
中心気圧 935hPa
最大風速 45m/s
進行方向
速度 15km/h
暴風域 東側 300km
西側 260km
強風域 東側 850km
西側 650km
上陸 九州・四国に6日午前にも上陸の見込み

気象庁によると、大型で非常に強い台風14号は5日午後7時現在屋久島の南南西約140kmにあり、九州地方の南部が風速25m以上の暴風域に入った。

台風は今後も北上を続け、6日朝にも九州から四国に上陸する見込み。東日本では激しい雨、西日本では大雨・高波・暴風・高潮の恐れがある。読売新聞社によると、6日午後6時までの24時間に予想される雨量は、九州南部:800ミリ、九州北部・四国地方:600ミリ、近畿地方・東海地方:300ミリ、関東・甲信・北陸・東北地方:150ミリ、中国地方:100ミリなどとなっている。気象庁では、宮崎県を中心に降り始めからの雨量が1000ミリを超える記録的な大雨となる恐れがあるとして、土砂災害などへの注意を呼びかけている。

影響[編集]

5日協定時10時56分(日本時間19時56分)のBBCは、NHK発として、次のように台風の影響を伝えた。5日、南九州では航空機、鉄道、高速バスなどに欠航や運休が相次いだ。九州では2万世帯弱が停電した。また鹿児島では約480人が自主的に避難したと地元当局が伝えた。

台風14号、5日午後8時30分。アメリカ海軍台風情報センターによる

最近の台風関連記事[編集]


出典[編集]