台風第7号、午後8時頃千葉県鴨川市付近に上陸

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2005年7月26日】

台風第0507号「バンヤン」
(7月27日12時
=気象庁台風情報による)
位置 襟裳岬の南東約280km
-北緯40度10分
-東経145度40分
中心気圧 980hPa
最大風速 25m/s
進行方向 北東
速度 50km/h
暴風域 なし
強風域 東側 560km
西側 330km
上陸 26日20時ごろ鴨川市付近に上陸

7月27日13時(日本時間、UTC+9)の気象庁発表によると、台風7号の中心は、26日20時過ぎに千葉県鴨川市付近に上陸した後、太平洋上に移動し、27日正午には、襟裳岬の南東およそ280kmに位置している。今後、北海道の太平洋沿岸を北上し、28日0時には、根室市の東およそ260km、28日正午には千島近海に達し、29日9時には、温帯低気圧に変わる見通し。

気象庁では沿岸や海上では大しけとなる見込みであるとし、暴風や高波へ警戒を呼びかけている。

また26日23時の発表では、関東地方や北陸地方では、27日明け方頃まで、東北地方で27日昼過ぎまで強い雨や激しい雨の降る恐れがあるとし、警戒を呼びかけていた。

進路[編集]

気象庁は19時55分、気象情報を出し、27日の朝6時には台風が福島県の沖合いに達すると予想している(気象庁予報部「平成17年台風第7号に関する情報第48号」)。また21時の推定位置を、銚子市の南西約50キロとしている(「平成17年台風第7号に関する情報第50号(位置)」)。

気象庁の観測によれば、台風7号は、26日午前11時には御前崎の南 約200kmを1時間におよそ25キロの速さで北北東へ進んでいた。その後、進路を北東に変え、午後15時には三宅島の南西約100キロの海上を、1時間におよそ25キロの速さで北東へ進んでいると観測された。

影響[編集]

26日16時現在の国土交通省の発表では3名が負傷した。 また関東・東北・甲信越を中心に、一部交通機関が運行を取りやめた。

関連記事[編集]

出典[編集]