台湾、人民元と台湾ドルの交換を試行

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
図の左方の赤い部分が金門島、上方の赤い部分が馬祖島。右下は台湾、左上のグレーは中国

【2005年9月29日】

台湾の謝長廷首相は28日、10月3日から限定的、試験的に中華人民共和国の通貨、人民元台湾ドルの交換を開始すると発表した。日本経済新聞などが伝えた。

この交換業務は、金門島馬祖島に限定して行われる。

台湾と中国の間の「直接通航、直接通郵、直接通商」を可能とする「三通」への試行として2001年1月から金門島、馬祖島と中国福建省との間に限って「小三通」が解禁されたが、この制度を利用して行き来する、両島の住民と、中国からの観光客が対象。2万人民元が上限。

これまで両通貨の交換は認められなかったため、非合法取引が行われていた。謝長廷首相は、今後の台湾全体での交換に向けた中国との協議の必要を示した。

出典[編集]