参議院選挙、自民党惨敗 民主党が第1党に

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
Jump to navigation Jump to search

【2007年7月29日】 毎日新聞、中国新聞、Yahoo!ニュースによると、参議院通常選挙が7月29日に投開票され、翌30日午前6時過ぎにすべての開票作業が終了し、自由民主党公明党の与党が過半数の122議席を下回り惨敗を喫し、その代わりに民主党が大幅に議席を獲得し、同院の第1党に躍進しそうである。

今選挙は選挙区73人、比例代表48人の121議席を争ったが、中国新聞によると、選挙区選挙のうち2人区は自民・民主両党で議席を分け合ったが、1人区29選挙区では民主党が圧倒的に議席を獲得した。自民は1人区3議席を確保したが、橋本龍太郎氏政権の1998年で得た44議席を下回る惨敗となる可能性が濃厚となった。安倍晋三総裁は続投の意思を示している。

中国新聞によると、全国の推計投票率は57.71%で2004年に行われた前回の選挙を1ポイント上回る。

関連記事[編集]

出典[編集]