千葉ロッテが2連覇、東京ヤクルトは同率優勝逃す―2006年セ・パ交流戦

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年6月23日】

読売新聞、日刊スポーツによると、日本のプロ野球「日本生命セ・パ交流戦」は最終日の20日、千葉ロッテが単独優勝を決めた。前日まで首位の千葉ロッテが阪神タイガースに負けたが、1勝差で追っていた2位の東京ヤクルト北海道日本ハムに敗れたためである。千葉ロッテは2連覇。東京ヤクルトは惜しくも同率優勝を逃した。

日本経済新聞によると、前日の19日、1勝差で首位の千葉ロッテを追っていた2位の東京ヤクルトは楽天イーグルスに2-4で負け、千葉ロッテの交流戦2連覇が確定した。この時点で、両チーム共に1試合を残していたため、東京ヤクルトが勝ち、千葉ロッテが負ければ、東京ヤクルトにも同率優勝の可能性があった。

日刊スポーツによると、翌20日は千葉ロッテが阪神タイガースと、東京ヤクルトは北海道日本ハムとそれぞれ対戦した。千葉ロッテは阪神タイガースの投手陣の前に打線が沈黙し、0-2と完封負けを喫した。一方の東京ヤクルトは、7回裏に宮出隆自外野手のソロ本塁打で2-1とリードしたが、続く8回表に北海道日本ハムのフェルナンド・セギノール内野手に逆転3ラン本塁打を打たれ、2-4で逆転負けした。このため、千葉ロッテが23勝13敗で単独優勝となった。

サンケイスポーツによると、22日に交流戦のMVPと日本生命賞が発表された。MVPは優勝した千葉ロッテの選手から選ばれ、今年は3勝13セーブをマークした小林雅英投手が選出された。日本生命賞は各リーグから1人ずつ選ばれ、セ・リーグからは中日ドラゴンズ佐藤充投手が選出され、パ・リーグからは福岡ソフトバンク松中信彦内野手が選出された。

2006年セ・パ交流戦最終順位[編集]

  チーム 勝数 負数 引分 勝率 勝差
1 千葉ロッテマリーンズ 23 13 0 .639
2 東京ヤクルトスワローズ 22 14 0 .611 1
3 阪神タイガース 21 15 0 .583 1
4 中日ドラゴンズ 20 15 1 .571 0.5
5 福岡ソフトバンクホークス 20 16 0 .556 0.5
6 西武ライオンズ 19 16 1 .543 0.5
7 北海道日本ハムファイターズ 17 19 0 .472 2.5
7 東北楽天ゴールデンイーグルス 17 19 0 .472 0
9 広島東洋カープ 16 20 0 .444 1
10 横浜ベイスターズ 15 21 0 .417 1
11 読売ジャイアンツ 13 23 0 .361 2
12 オリックス・バファローズ 12 24 0 .333 1

出典[編集]