北海道JR函館線で特急列車がトラックと衝突 乗客らがけが

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2010年2月1日】

特急スーパーカムイ
(資料、撮影者: 天然ガスCC-by-sa-3.0

1月29日午後0時25分(UTC+9、以下同)ごろ、北海道深川市のJR函館線・深川6号線踏切で、旭川札幌行の特急スーパーカムイ24号(5両編成)がトラックと衝突し、トラックの運転手や列車の乗務員、乗客らあわせて41人がけがをした。けがの程度は軽いとみられている[1][2]。この事故によりJR函館線は旭川~滝川間で上下線ともに不通となり、1月30日正午前に復旧した[3][4][5]

事故現場は遮断機と警報機のある踏切[1]で、当時の天候は雪、時折風速5m程度の風が吹いていたという。気温は氷点下5度で、路面は凍結していたとみられている[6]。警察の調べに対しトラックの運転手は、踏切の遮断機が下りていることに気づき、ブレーキをかけたが間に合わずに踏切に進入し、スリップして動けなくなったと話している。北海道警察自動車運転過失傷害の疑いがあると見て捜査している[1][2]

衝突した特急列車は、乗客102人を乗せ札幌に向かっていた[1][2][5][6]。衝突の衝撃によって先頭車両が大破し脱線した[2][6]が、横転などは無かった[2]

この事故によりJR函館線の旭川~滝川間で上下線で不通となった[1][4]。復旧作業は大破した先頭車両と2両目をクレーンで吊り上げた上で線路脇へ移動し、残る3両は鉄路で輸送された[4][5]。30日午前11時40分に復旧した[3][4]が、この日は始発電車から特急22本を含む29本が運休し、約3800人に影響した[5]

国土交通省運輸安全委員会は調査官2人を派遣した[1][2]ほか、北海道警察深川署も事故の原因を調べている[1][2][3]

情報源[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 毎日.jp(横田信行、内藤陽) 『鉄道事故:特急衝突、41人負傷 トラック滑り踏切に--北海道・JR函館線』毎日新聞、1月30日。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 2.6 共同通信 『北海道で特急とダンプ衝突 乗客ら41人軽傷』47NEWS、1月29日午後6時17分。
  3. 3.0 3.1 3.2 時事ドットコム 『JR函館線が運転再開=事故の特急車両撤去-北海道』時事通信、1月30日午後0時58分。
  4. 4.0 4.1 4.2 4.3 YOMIURI ONLINE 『函館線運転再開、脱線列車2両を撤去』読売新聞、1月30日午前11時53分。
  5. 5.0 5.1 5.2 5.3 どうしんウェブ 『JR函館線1日ぶり復旧 深川踏切事故 脱線車両を撤去』北海道新聞、1月30日午後0時6分初出、同日午後3時51分更新。
  6. 6.0 6.1 6.2 YOMIURI ONLINE 『特急「スーパーカムイ」とダンプ衝突、多数けが』読売新聞、1月29日午後6時14分。