北朝鮮、大陸間弾道ミサイルの発射準備か

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2009年5月30日】

時事通信によると、韓国・東亜日報が、30日、北朝鮮が、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射準備をしていることが、確認されたと伝えた。

また、同記事によると、北朝鮮が、5月25日に行った核実験後、国連安保理で、議論が行われていることに対して、強く反発しており、軍事的緊張を高める意図もあると思われる。

同記事によると、ミサイルは、平壌郊外の、兵器研究所で製造されたと見られており、米国の偵察衛星でも、列車で移動する準備が進められていることが分かっている。

また、日本経済新聞によると、米国、CNNテレビも、29日朝(米国時間)に、発射基地で、動きがあったと伝えた。

また、時事通信の別記事によると、31日、韓国・聯合ニュースで、北朝鮮は、短距離ミサイルの発射を中断、大陸間弾道ミサイルの発射を優先している、と報じた。短距離ミサイルの中断は、技術的問題や、現在シーズンを迎えている、ワタリガニ関係の船舶の撤退が、困難な事があげられている。

出典[編集]

関連ニュース[編集]