北アルプスで元旦早々のなだれ事故、4人死ぬ

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2008年1月2日】 朝日新聞、毎日新聞によると岐阜県北アルプスにある槍平小屋(標高1991m)付近で元日未明になだれ事故が発生した。これにテントで休んでいた7人の男女が巻き込まれ、全員が近くにいた登山者らに救出・一緒に同小屋に避難したがその後4人の死亡が確認された。

岐阜県警によると、亡くなったのは徳島県の山岳会「徳島岳人クラブ」のメンバーで団体職員の市川啓二さん(51歳・松茂町)、大学職員の西井健さん(31歳・徳島市)、東京都の山岳会「三峰山岳会」のメンバーで内装業の越前屋晃一さん(60歳・海老名市)、会社員の金指伸一さん(45歳・目黒区)の4人。

毎日新聞によると登山者から携帯電話で119番通報があった。ほかの3人は無事で自力歩行が可能なため、県警山岳救助隊は1日は遭難者とともに同小屋で一泊し、2日朝に下山を開始する予定。

中日新聞によると、この雪崩は短時間に大量の新雪が降り、これまでに積もった雪の上が滑ったいわゆる「表層なだれ」ではないかとする見方があり、比較的なだれの起きにくい時間帯である夜間に発生したことから、数日前の高温がそれを引き起こしたのではないかと考えられている。

同紙のインタビューに応えた高山警察署の署員は「槍平小屋付近も気温が上がって一旦積雪が緩んだ後、急に気温が下がり雪面が固まってその上に新雪が大量に積もって滑り落ちたのではないか」と話し、また民間救助隊「北飛山岳救助隊」の竹腰藤年隊長も「(2007年の)年末から降雪が続いているため、表層なだれがいつ起きてもおかしくなかった」と答えている。また愛知県山岳連盟の中平等新一常務理事もインタビューで「冬山では天候となだれに注意が必要で、特にドカ雪の時は雪崩にあわないよう細心の注意を払うように」と促している。

出典[編集]