利用者:Iwai.masaharu/メモ/記事を執筆する際に心がけた方がいいこと

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

個人的なメモですが、参考になるかもしれないのでここに書いておきます。

著作権侵害の回避[編集]

ウィキニュースでは出典を基にして記事をまとめます。そのため、油断していると記事を書く際に著作権の侵害を行ってしまうことがあります。それを防ぐためには、次のような手法が考えられます。

  1. 出典から文章をコピー&ペーストしない
  2. 出典を読みながらメモをとる
  3. 一つの文章を書くときにも、なるべく複数の出典を用いる

(1) 出典からコピー&ペーストを行った後に語尾や表現の変更、文の構造の変更を行った場合、出典内の文章の著作権を侵害してしまう可能性が高くなります。なるべく、自分の文章で一から書き上げましょう。

(2) 出典を読みながらメモをとり、それを基に記事を書くことで転載による著作権の侵害はなくなります。ただし、偶然に一致する場合もありますので書き上げた後に確認することが必要です。

(3) 文章を書く際に一つの出典だけを基にしていると、その出典の文章が頭に残りがちになります。なるべく複数の出典を基に執筆しましょう。ただし、ある特定の出典にしか書かれていない内容も往々にして存在しますので、常に複数の出典を用いる必要はありません[注釈 1]

脚注[編集]

  1. ここでは、1つの記事の1つの段落(テーマ)について述べています。ウィキニュース日本語版では、1つの出典のみから1つの記事を書き上げることは好まれていません。