兵庫県井戸知事「関東での大震災はチャンス」発言

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2008年11月13日】

読売新聞関西版によると、兵庫県井戸敏三知事は11月11日に和歌山市であった「近畿ブロック知事会議」の席上、関西の経済活性化について「関東で大震災が起きればチャンスだ」と発言し、他に出席した知事らから「不適切な表現だ」とする批判が集まった。

井戸氏は「東京への一極集中型を解消するための旗を揚げなければならない」とした上で、「関東で地震が起きれば、東京が相当なダメージを受ける。これはチャンスだ。チャンスを活かさなければいけない。首都圏が被災した時、関西は第2の首都機能を引き受ける準備をすべき」とするスピーチをした。この夜、井戸氏は神戸市で報道関係者に対し「言葉遣いが適切でなかった」と謝罪したが、「一極集中のリスクの高まりとそれに備える事が関西の役割と強調したかった」と発言撤回をしなかった。

この会議後、大阪府橋下徹知事は「不適切な発言ばかりの僕から見ても(井戸氏の発言は)不適切だった」と話し、また鳥取県平井伸治知事も「阪神(淡路)大震災で被災した県の知事だからこそ訂正するべきだ」と非難する発言を行った。

47NEWSによると、この井戸氏の「チャンス」発言問題を受けて、兵庫県県庁には12日「発言自体が不適切だ」「きちんと謝罪すべきだ」などといった抗議の電話などが殺到し職員が対応に追われた。

出典[編集]