八峰町の庁舎が全焼-秋田

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年10月3日】

秋田さきがけによると、3日未明、秋田県山本郡八峰町峰浜の八峰町役場峰浜庁舎から出火し、木造の庁舎が全焼した。隣接する能代警察署峰浜駐在所は半焼した。

地元住民が発見し、119番通報した。出火から4時間後に鎮火したが、焼け跡から1人の遺体が発見された。能代警察署は、峰浜庁舎の宿直を担当していた74歳男性の行方がわからないことから、遺体はこの男性と見て調べを進めている。

秋田放送によると、同庁舎は、1960年に建てられた旧峰浜村役場で、現在は一部の住民サービスを行う峰浜町民サービス課や農業振興課、建設課などがあり、パソコンのデータベースが火災により焼失した。このため、復旧作業を急ピッチで進められている。また、同庁舎で行っていた住民サービスは、同町の他の施設で行うことができる。

出典[編集]