京都市立京都堀川音楽高校で、備品の高級ヴァイオリンが別物とすり替わる

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2010年5月22日】

読売新聞産経新聞によると、京都市立京都堀川音楽高校京都市中京区)が所有するヴァイオリンが、購入記録のある外国製の高級品とは別の物(時価約200万円)と入れ替わっていることが判明した。

産経新聞によると、入れ替わる前のヴァイオリンは、演奏会で学校外に持ち出されることもあるため、取り違えた可能性もあるとしているが、両報道によれば、同校は「原因が解らない」として困惑している。

読売新聞によると、同校の備品台帳では、このヴァイオリンは、20世紀前半のイタリアの有名ヴァイオリン作家であるガエタノ・ガッダの作品で、1947年UTC+9)製。京都市教委1999年に「ガッダの作品」との条件付きで入札し、最安値を提示した楽器販売業者から212万円で購入。学校外の演奏会に持ち出し、生徒の使用する楽器が壊れた際の予備として使っていたという。産経新聞によれば、京都市内の楽器店の話では、「通常は本物なら500万~800万円はする」という。

ところが、読売新聞によると、2009年監査に於いて、購入以来初めてヴァイオリン内部のラベルを調べたところ、イタリアの別のヴァイオリン作家の作品(1988年製)となっていたという。また、産経新聞によれば、同校が年1回実施している点検では外観しか確認していないため、これまで気付かなかった模様である。

読売新聞によると、ガッダの作品は、日本国内ではほとんど流通しておらず、市場では1,000万円以上で売買されることもあるため、偽物が出回ることも多いという。購入先の楽器販売業者は「現時点では何も答えられない」として、コメントを避けている。

産経新聞によると、同校の大江加津雄校長は、「点検時には、楽器のラベルや台帳、現物の写真を確認するなどして管理を徹底する」とコメントしている。

読売新聞によると、同校は、ヴァイオリニスト葉加瀬太郎さん(42歳)の母校。

情報源[編集]