京都・木津川の『流れ橋』の一部が焼ける 花火が原因?

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2009年8月25日】

上津屋橋(通称:流れ橋)

産経新聞読売新聞によると、8月25日午前3時45分(UTC+9、以下同様)頃、京都府八幡市内の木津川に架かる、通称『流れ橋』(正式名称:上津屋(こうづや)橋)(全長:約356メートル、幅:約3メートル)の中央付近が燃えているのが見付かり、通行人が近くの交番に届け出た。

両報道によると、京都府警八幡署の調べとして、このの中央部分の橋板(橋床)のうちの17枚(約10平方メートル相当)が焼けていた。また、橋の下に花火の燃え滓が落ちていたため、同署は花火のの不始末が原因の可能性もあると見ている。

読売によると、同橋では、200407年の間に13回に亘り、焚き火や花火によると思われる不審火があったという。

流れ橋は、大などによる増水時に、橋脚水圧が掛かるのを防ぐため、橋板が外れて流れる構造の橋。今回焼けた流れ橋は、日本国内最長級の造橋で、橋の周辺の陸地と合わせて時代劇ロケ地としても知られている。

情報源[編集]