交流戦全日程終了 巨人セ初V MVPは内海

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2012年6月24日】

スポーツニッポン[1]及びスポーツ報知[2]によると、日本プロ野球セ・パ交流戦は20日に行われた2試合で、ロッテDeNAがそれぞれ勝って全日程を終了。通算成績ではパ・リーグが67勝66敗11分けで3年連続、交流戦8年目で7度目の勝ち越しとなった。優勝は、セ・リーグのチームとして初の巨人と決定している。

交流戦公式サイト[3]及びスポーツニッポンによると、各チームの勝敗等は次のとおり。

  試合数 勝数 敗数 引分 勝率
1 巨人  24  17  7  0  .708
2 日本ハム  24  14  8  2  .636
3 ロッテ  24  12  7  5  .632
4 中日  24  12  8  4  .600
5 西武  24  13  11  0  .542
6 広島  24  10  11  3  .476
7 オリックス  24  10  13  1  .435
8 阪神  24  9  12  3  .429
9 楽天  24  10  14  0  .417
10 DeNA  24  9  14  1  .391
11 ソフトバンク  24  8  13  3  .381
12 ヤクルト  24  9  15  0  .375

日本野球機構[4]及び日刊スポーツ[5]によると、21日、最優秀選手(MVP)に巨人内海哲也投手、また、各リーグから1人ずつ選出される日本生命賞は、セは巨人杉内俊哉投手、パは日本ハム吉川光夫投手が受賞と発表された。内海は交流戦期間中、4勝0敗、防御率1.29の好成績をマークし、チームの交流戦初優勝に貢献した働きが評価された。賞金は、MVP200万円、日本生命賞はそれぞれ100万円が贈られる。

情報源[編集]

  1. スポーツニッポン 『交流戦の全日程終了…パ・リーグが3年連続で勝ち越し』スポーツニッポン新聞社、2012年6月20日。
  2. スポーツ報知 『交流戦全日程終了 パが3年連続で勝ち越す』報知新聞社、2012年6月20日。
  3. 日本野球機構 『セ・パ交流戦公式サイト』日本生命保険、2012年6月20日。
  4. 日本野球機構 『2012年「日本生命セ・パ交流戦」最優秀選手賞(MVP)および日本生命賞決定のお知らせ』日本野球機構、2012年6月21日。
  5. 日刊スポーツ 『交流戦MVPに巨人内海 賞金200万円』日刊スポーツ新聞社、2012年6月21日。