九州、四国、中国地方で震度5弱の地震

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
2006年6月12日午前5時1分頃の地震
(2006年6月12日午前5時17分=気象庁地震火山部による)
地域 九州、中国、四国地方での地震
震源 大分県中部
- 北緯33.29度
- 東経131.182度
地震の規模 マグニチュード6.2
震源の深さ 約146km
最大震度 震度5弱
- 大分県佐伯市中村南
- 広島県呉市川尻町
- 愛媛県今治市大西町、八幡浜市保内町、
西予市明浜町、伊方町湊浦
津波情報 津波の心配はなし

【2006年6月12日】

震央の位置。アメリカ地質調査所による

気象庁によると12日午前5時1分 (UTC+9) 頃、大分県を中心に広い範囲で、震度5弱の強い揺れを観測した。 震源地は、大分県中部の北緯33.290度東経131.182度(世界測地系)、北緯33.28662度東経131.18441度(日本測地系)(アメリカ地質調査所 (USGS) による)で、マグニチュード6.2(USGSによると6.3)、震源の深さは146km(USGSによると154.8km)と推測されている。津波の心配はない。

震度[編集]

各地の震度(震度3以上)は次のとおり。

震度5弱[編集]

震度4[編集]

被害状況[編集]

RKBによると、広島県廿日市市では、82歳の女性が右足を骨折するなど、6人(読売新聞によれば7人)が重軽傷を負った。

交通機関の影響[編集]

読売新聞、中国新聞の報道による。

JR[編集]

その他各線に一時運転見合わせや遅れなどの影響が出た。

私鉄・第3セクター鉄道[編集]

バス・フェリー・航空[編集]

  • 広島空港行きの高速バス:一時運転見合わせ

出典[編集]